こんにちは、緑苑のよしみです。

今日も行楽にもってこいの一品「春巻き」を紹介します。

160508 harumaki

皐月和楽にのメニューにもあります。

春巻きは、皮さえあればあとはお好みに合わせていろいろできるから、大人から子供まで楽しめるお料理です。
簡単ですしね。

緑苑の皐月和楽のメニューにある揚げ物は、鮪とアボカドの春巻きです。

そのメニューのレシピを、今日もコッソリ教えちゃいます。

鮪とアボガドの春巻き

(材料)
春巻きの皮 一袋
鮪(スーパーで売ってる短冊に切ってあるもの1パック)
センチ角にきり、醤油で和えておく。
お好みに応じてワサビを少々加える)
アボカド1個(中身をくり抜く)

(作り方)
①鮪を1センチ角に切り、醤油で和えておく。お好みに応じてワサビを少々加えてもいいです。
②アボカドは、種をくり抜き皮をむいて鮪と同じように1センチ角に切ってください。
③春巻きの皮に、鮪、アボカドをのせて巻きこむ。
④できましたなら、油で揚げる。
カラッと揚がれば出来上がりです。

お好みで、鮪の代わりに海老、アボカドの代わりにマッシュポテトなどを使えばお子様のおやつに、お酒の肴に、ステックタイプだからハイキングのお供にも最適です。
春巻きですから、脂少なめでもできますから、後始末も楽ですよ。

ゴールデンウィーク最終日は手作りお弁当で新緑のを味わってみては。